menu
close

^

松ぼっくり

松ぼっくり

松ぼっくりを取りました。
写真の松ぼっくりの先は丸く閉じていますが、乾燥するとすべてが花のように開きます。
しかし開いてしまうと、松ぼっくりの中に入っている種が飛んでしまいます。
FWA(富士山ワイルドアドベンチャー)では種から育てるために、開く前の松ぼっくりを取っています。
種をとった松ぼっくりは、以前紹介したリースの飾りとして活用されます。
松ぼっくりに色をつけて飾っているという光景を私は見たことがありますが、とても綺麗ですよね。
飾りつけの様子などは、また報告したいと思います。
また、松ぼっくりは着火剤としても活用ができます。1個ではあまり効果はありませんが、5個くらいを薪や炭と一緒にすることで効果を発揮します。まさに天然の着火剤。
クリスマスが終わったら、着火剤として利用する予定です。

※FWAは、現在文明を失った人類の生活を想定した未来原人集落です。以下のようなキーワードの考えを基に、未来原人の生活体験が出来ます。

関連キーワード:
#SDGs
#パーマカルチャー
#自給自足
#リサイクル
#アップサイクル
#ゼロウェイスト
#オフグリッド
#ファブラボ
#カーボンニュートラル
#廃材利用
#自然
#スローライフ
#ロハス
#サバイバル
#手作り
#持続可能
#エコビレッジ
#ローテク
#富士山dash村
#シェアハウス

2021年11月16日