menu
close

^

ヤブツバキの種を植えました

ヤブツバキの種

FWA(富士山ワイルドアドベンチャー)の育苗スペースに、ヤブツバキの種を撒きました。
2月から4月にかけて、赤や白の実に綺麗な花が咲きます。
9月から10月にかけて熟す果実には、3から5個の種子が含まれます。その果実を砕いて蒸し重しを乗せることで、化粧品としてよく知られる椿油が抽出されます。
化粧品として使われるだけではありません。食用油や整髪用、薬用、工業用とその用途は多岐に渡ります。
椿油がとれる日が、楽しみです。
FWAでは、多様な植生を楽しむ為、様々な植物を育てています。

※FWAは、現代文明を失った人類の生活を想定した未来原人集落です。以下のようなキーワードの考えを基に、未来原人の生活体験ができます。

関連キーワード:
# SDGs
# パーマカルチャー
# 自給自足
# リサイクル
# アップサイクル
# ゼロウェイスト
# オフグリッド
# ファブラボ
# カーボンニュートラル
# 廃材利用
# 自然
# スローライフ
# ロハス
# サバイバル
# 手作り
# 持続可能
# エコビレッジ
# ローテク
# 富士山dash村
# シェアハウス

2021年11月11日