menu
close

^

どんぐりを植えました

マテバシイ

FWA(富士山ワイルドアドベンチャー)では、マテバシイという種類のどんぐりを300個ほど植えました。
6月頃には樹木全体を覆うように、栗の香に似た薄黄色の花びらが無数に咲きます。
今では神社や公園など、多くの場所で見かけますよね、
そんなマテバシイですが、実は食べることができるんです。
過去日本で起こった災害や飢饉、戦時中にはとても貴重な食料でした。
どんぐりのように食べることができる木の実はたくさんありますが、そのような物を大切していくことは、FWAが大切にしている自然教育にも繋がります。

※FWAは、現代文明を失った人類の生活を想定した未来原人集落です。以下のようなキーワードの考えを基に、未来原人の生活体験ができます。

関連キーワード:
#SDGs
# パーマカルチャー
# 自給自足
# リサイクル
# アップサイクル
# ゼロウェイスト
# オフグリッド
# ファブラボ
# カーボンニュートラル
# 廃材利用
# 自然
# スローライフ
# ロハス
# サバイバル
# 手作り
# 持続可能
# エコビレッジ
# ローテク
# 富士山dash村
# シェアハウス

2021年11月11日