menu
close

^

モンシロチョウ

■名前

モンシロチョウ       


生息地

畑などの身近な環境でよく見られるチョウである


幼虫の食草はキャベツ、アブラナ、ブロッコリーなどのアブラナ科植物


活動期

成虫は3月頃から10月頃まで 


体長(雄)

4cm

体長(雌)

4cm


特徴

卵は1週間ほどで孵化(ふか)する
モンシロチョウを飼育する時は、飼育容器にガーゼを張るなどハチの寄生を予防する配慮が必要となる
孵化した幼虫はしばらく卵の横で休息し食事に移るが、最初の食べ物は葉ではなく自分の入っていた卵の殻である。

2021年5月20日