menu
close

^

ブチヒゲカメムシ

■名前

ブチヒゲカメムシ


生息地

北海道、本州、四国、九州

幼虫の食草はマメ科、キク科、ダイコン 、ゴマ、ニンジン、ゴボウ、イネ  

活動期

成虫で越冬(カスミカメムシ類卵越冬)し、年1〜数世代を経過する 

体長(雄)

13mm前後

体長(雌)

13mm前後

特徴

夏にはアカヒョウタンハリバエに寄生
ヤドリバエはカメムシ成虫の体内で発育した後、瀕死の寄主を出て蛹になる

2021年5月20日