menu
close

^

トラフカミキリ

■名前

トラフカミキリ


生息地

北海道、奥尻島、本州、伊豆諸島、粟島、佐渡、四国
、九州、対馬、五島列島、種子島、奄美諸島、沖縄諸島、先島諸島


幼虫は桑の葉を食べます

活動期

7~9月

体長(雄)

17~26mm

体長(雌)

17~26mm


特徴

山間部に自生している野生の桑よりも、平地で桑畑を探すと効率良く見つけることができます  
エリトラ(翅鞘)にはっきりとした黄色と黒の縞模様を持つ、中型の活発なカミキリムシで、スズメバチを連想させます
数メートルの高さを活発に飛翔する

2021年5月20日