menu
close

^

アブラゼミ

■名前

アブラゼミ

          
生息地

北海道・本州・四国・九州の広い範囲に生息

成虫はサクラ、ナシ、リンゴなどバラ科樹木に多い。成虫も幼虫もこれらの木に口吻を差しこんで樹液を吸う 
               

活動期

7月下旬~9月下旬

体長(雄)

56-60mm

体長(雌)

3cm弱

特徴

アブラゼミは幼虫・成虫とも、クマゼミやミンミンゼミと比べると湿度のやや高い環境を好むという仮説がある
アブラゼミ成虫の天敵は主に野鳥
オスがよく鳴くのは午後の日が傾いてきた時間帯から日没後の薄明までの時間帯
最も盛んに発声活動をするのが夕刻時

2021年5月20日